2010年05月27日

補修工事の社長書類送検=女性重傷、ビル壁崩落―警視庁(時事通信)

 東京都中央区で2005年6月、ビルの外壁が崩れ落ち、歩行者が重傷を負った事故で、警視庁捜査1課と中央署は21日、業務上過失致傷容疑で、外装工事会社社長(61)を書類送検した。同課によると、容疑を認めているという。
 事故は05年6月14日午後0時40分ごろに発生。同区新川の8階建てビルの外壁タイルの一部(重さ約785キロ)がはがれて落下。破片の直撃を受け、歩いていた女性会社員(45)が頭に重傷を負った。
 捜査関係者によると、社長は1998年の外壁補修工事の際、鉄製ピンを打つなどして外壁タイルを固定できたとしていたが、実際はタイルを支えるのに必要な個所にピンを打っておらず、崩落を起こした疑いがある。 

将棋 羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局(毎日新聞)
<中野区長選>田中大輔氏が3選 東京(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>植樹祭出席などで神奈川県中井町へ(毎日新聞)
CO中毒、カツオは無関係(産経新聞)
【虐待はどんな傷を残すのか】(3)ネグレクトからの救出(産経新聞)
posted by フナコシ トキオ at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。